文字サイズを変更するには
トップページくらしの情報施設案内観光情報子育て・教育健康・介護・福祉町政情報
トップページ <  桂川町からのお知らせ < 定住自立圏共生ビジョンの策定について

桂川町からのお知らせお知らせ一覧に戻る

  定住自立圏共生ビジョンの策定について
発信者:桂川町企画財政課企画広報係  

定住自立圏共生ビジョンとは、平成30年3月26日に飯塚市と嘉麻市、桂川町が1対1で締結した定住自立圏形成協定の内容を踏まえ、圏域としてめざすべき将来像とその実現に向けた具体的取組を示すものです。

外部委員で構成する検討委員会での意見聴取や圏域の皆様の意見募集を経て、2018年度から2022年度までの嘉飯圏域定住自立圏共生ビジョンを策定しましたので、その内容についてお知らせいたします。

 
【嘉飯圏域定住自立圏共生ビジョン】

 
 共生ビジョンの計画期間
2018年度から2022年度までの5年間となっています。なお、共生ビジョンの策定後は、毎年検証を行い、必要に応じて見直しを行います。

 
 共生ビジョンのめざす圏域の将来像
  ・地域の魅力を積極的に発信できる圏域をめざします
  ・地域の資源を有効活用し、住民の活力あふれる圏域をめざします
  ・様々な世代の住民が安心して暮らせる圏域をめざします
  ・各市町の人口ビジョン推計以上の人口となる圏域をめざします 
 
以上の4つの将来像実現に向けて、裏面に記載する21の連携事業を実施します。連携事業によって、圏域住民の利便性向上や地域の活性化を図り、各市町が掲げる人口ビジョン推計以上の人口となる圏域をめざします。
 
 
 連携事業の概要
準備が整ったものから順に、以下の事業において連携を行います。圏域にお住いの皆さんが受けられるサービスを増やすなど、圏域全体が活性化する取組みを実施していきます。

 
 1 生活機能の強化
   夜間急患センターの広域運営【既存】
   在宅当番医制度の維持・確保【既存】
   病院群輪番制事業の広域運営【既存】
   地域包括ケア推進センターの広域運営【既存】
   地域活動支援センターの広域運営【既存】
   障がい者基幹相談支援センターの広域運営【既存】
   子育て支援センターの相互利用【新規】
   病児・病後児保育施設の広域運営【新規】
   休日等子育て支援体制の構築【新規】
   図書館の相互利用【新規】
   地場企業支援と雇用拡大の促進【既存】
   産学官連携の促進【新規】
   RDF処理委託等の代替事業調査研究【新規】
   消費生活センターの広域運営【既存】

 
 2 結びつきやネットワークの強化
   赤字路線バス運行補助【新規】
   地域公共交通連携の推進【新規】
   圏域外からの移住の促進【新規】
   地域資源を活かした圏域活性化の促進【既存】
   戦略的な広域観光の振興【新規】
   防災拠点等への公衆無線LAN環境整備の促進【新規】

 
 3 圏域マネジメント能力の強化
   圏域市町職員等の交流及び人材育成の促進【新規】
その他 <お問い合わせ先>
桂川町企画財政課企画広報係
電話:65−1085


関連ファイル
嘉飯圏域定住自立共生ビジョン(pdfファイル):2MB)
嘉飯圏域定住自立兼概要チラシ(pdfファイル):431KB)


PDFファイルを開くには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobeホームページからダウンロードしてください。