文字サイズを変更するには
トップページくらしの情報施設案内観光情報子育て・教育健康・介護・福祉町政情報
トップページ <  桂川町からのお知らせ < 新型コロナウイルス感染症について

桂川町からのお知らせお知らせ一覧に戻る

  新型コロナウイルス感染症について
発信者:桂川町健康福祉課健康推進係  







新型コロナウイルスに関連した感染症が、中国だけでなく日本や世界各地で確認されています。咳エチケットや手洗いなどを徹底し、ウイルスの感染を防ぎましょう。


<新型コロナウイルス感染症についての相談の目安>

次のいずれかの症状がある方は、「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

1.風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている方(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

(注意)以下のような方は重症化しやすいため、上記1の状態が2日程度続く場合には、お早めにご相談ください。(2日続いていなくても相談可能)
 〇高齢者
 〇糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方

2.強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方(すぐに相談してください)

センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、 専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。 マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください.

【帰国者・接触者相談センター(嘉穂・鞍手保険福祉環境事務所)】
 電話:0948−21−4972 相談時間/8:30〜17:00
 電話:092−471−0264(夜間休日)


<一般的なお問い合わせなどはこちら>

【帰国者・接触者相談センター(嘉穂・鞍手保険福祉環境事務所)】
 電話:0948−21−4972 相談時間/8:30〜17:00
 電話:092−471−0264(夜間休日)
 
【厚生労働省電話相談窓口】
 電話:0120‐565653  相談時間/9:00〜21:00
 FAX:03−3595−2756(聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談の難しい方)

【福岡県庁】
 電話:092−643−3288 相談時間/8:30〜17:00
 FAX:092−643−3331


<新型コロナウイルス感染症とは>
ウイルス性の風邪の一種です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ、重症化するリスクが高いと考えられます。重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意しましょう。

新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染によりうつるとされ、重症化すると肺炎となり死亡例も確認されています。特にご高齢の方や基礎疾患のある方は、重症化しやすい可能性が考えられますのでご注意ください。

1)|飛沫感染| 
 感染者のくしゃみや咳などの飛沫と一緒にウイルスが放出され、別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染します。
 【主な感染場所】学校や劇場、満員電車などの人が多く集まる場所

2)|接触感染|
 感染者がくしゃみや咳を抑えたウイルスがついた手で周りの物に触れて、別の人がそれに触れてウイルスが手に付着します。その手で口や鼻を触って粘膜から感染します。
 【主な感染場所】電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど


<感染を防ぐために>
◆現時点で分かっていること◆
 集団感染の共通点は、「喚起が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。
⇒喚起が悪く、人が密に集まって過ごすような空間を避けてください。
⇒屋内でお互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごすときはご注意ください。

◆一人一人が意識すること◆
新型コロナウイルスに感染しないために重要なことは、『手洗い・咳エチケット』などです。
☆石鹸による手洗い・手指消毒用アルコールによる消毒などを行いましょう。
☆十分な喚起をしましょう。
☆出来る限り混雑した場所を避けましょう。
☆十分な睡眠をとりましょう。
☆発熱等の風の症状が見られるときは、学校や会社を休み、公共交通機関を利用しての外出・人混みの多い場所への外出を避け、自宅で療養してください。
☆発熱等の風症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。


<ご家族に感染が疑われる場合に家庭内で注意すること>

1)部屋を分けましょう。
 食事や寝る時も別室に!トイレなど共有スペースの利用は最小限に。
 ご本人は外出を避けてください。

2)できるだけ限られた方で感染者のお世話を。
 心臓や肺などに持病がある方、糖尿病、免疫が低下した方、妊婦の方はお世話するのを避けましょう。

3)マスクをつけましょう。
 使用したマスクはほかの部屋に持ち出さないにしましょう。マスクを外す際には、ゴムやひもをつまんで外しましょう。マスクの表面には触れない、マスクを外したあとは必ず石鹸で手洗いを!マスクがないときなどに咳やくしゃみをする際には、ティッシュ等で口と鼻を覆いましょう。

4)こまめに石鹸で手洗いをしましょう。
 洗ってない手で目や鼻、口を触らないようにしてください。

5)定期的な喚起をしましょう。
共有スペースやほかの部屋をも窓を開けっぱなしにするなど喚起をしましょう。

6)手で触れる共有部分(ドアの取っ手、ベッドの柵など)の消毒を!
 薄めた市販の家庭用塩素系漂白剤で拭いた後、水拭きしましょう。
 主成分が次亜鉛素酸ナトリウムであることを確認し、濃度が0.05%となるように調整してください。(製品の濃度が6%の場合、水3Lに対し液を25mlで薄めて使います。)

7)トイレ、洗面所は通常の家庭用洗剤ですすぎ、買い手用消毒剤でこまめに消毒しましょう。
 タオル、衣類、食器等は通常の洗濯や洗浄でかまいません。

8)洗浄前のものを共用しないようにしてください。
 特にタオルはトイレ、洗面所、キッチンなどでは共用しないように注意しましょう。

9)汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう。
糞便からウイルスが検出されることがあります。体液で汚れた衣類等を取り扱うときは手袋とマスクをつけ、一般的な家庭用洗剤で洗濯し完全に乾かしてください。

10)ごみは密閉して捨てましょう。
鼻をかんだティッシュはすぐにビニール袋に入れ、密閉して捨ててください。その後は直ちに石鹸で手を洗いましょう。
その他 <お問い合わせ先>
桂川町健康福祉課健康推進係
電話:65−0001


関連ページ
福岡県ホームページ
中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生について(厚生労働省)
コロナウイルス感染症(国立感染症研究所)
海外感染症発生情報(FORTH 厚生労働省検疫所)
海外安全情報ホームページ(外務省)