文字サイズを変更するには
トップページくらしの情報施設案内観光情報子育て・教育健康・介護・福祉町政情報
トップページ <  桂川町からのお知らせ < 新型コロナウイルスを想定した「 新しい生活様式における熱中症予防 」について

桂川町からのお知らせお知らせ一覧に戻る

  新型コロナウイルスを想定した「 新しい生活様式における熱中症予防 」について
発信者:桂川町健康福祉課健康推進係  







 新型コロナウイルス感染症が流行するなか、熱中症の時期を迎えました。
熱中症とは室温や気温が高い場所に長くいることで、体温の調節がうまくできず、体に熱がこもった状態をいいます。
今年の夏は、感染症予防を行いながら、熱中症予防に取り組むことが求められます。特に、「マスク着用」によって、のどの渇きに気が付かず、水分不足を引き起こし、脱水の可能性が高まります。
また、外出自粛の生活が続いていたことから、運動不足や汗をかくことが少なく、体が暑さになれていない可能性があります。

(1)「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント
夏季の気温・温度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。このため、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。

※屋内運動施設での運動は、新型コロナウイルス感染症のクラスター(集団感染)のリスクが高いことから、施設の指示に従いましょう。

マスクを着用している場合には、強い負荷の作業や運動は避け、喉が渇いていなくてもこまめに水分補給を心がけるようにしましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、適宜、マスクを外して休憩することも必要です。

新型コロナウイルス感染症を予防するためには、冷房時でも、換気扇や窓開放によって換気を確保する必要があります。(エアコン使用時も1時間に5〜10分程度、2か所以上窓やドアを開け、換気をしましょう。)この場合、室内温度が高くなるので、熱中症予防のためにエアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。

日ごろの体温測定、健康チェックは、新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症を予防する上でも有効です。体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう。

3密(密集、密接、密閉)を避けつつも、熱中症になりやすい高齢者、子ども、障がい者への目配り、声かけをするようにしましょう。


(2)従来からの熱中症予防行動の徹底
暑さを避けましょう。
室内の温度・湿度をこまめに確認し、適切に管理しましょう
こんな日は注意☝
・気温が高い
・湿度が高い
・風が弱い
・急に暑くなった
涼しい服装、日傘・帽子の使用
久しぶりに暑い環境で身体を動かす際には特に注意してください。
少しでも体調に異変を感じたら、涼しい場所に移動し、水分を補給してください。
 暑さ指数(WBGT)を参考にしましょう。
暑さ指数は環境省ウェブサイトで提供:https://www.wbgt.env.go.jp/

暑さに備えた体作りをしましょう。
・本格的に暑くなる前から、暑さに備えた体作りをする。

こまめに水分を補給しましょう。
・喉が渇く前に、水分をこまめにとる。
・一般的に、食事以外に1日当たり1.2Lの水分の摂取が目安とされています。
(汗をかいたときは塩分も補給しましょう)
※特に、熱中症になりやすい高齢者、子ども、障害者の方々は、より注意する必要があります。周囲の方からも積極的な声掛けをお願いします。
その他 <お問い合わせ先>
桂川町健康福祉課健康推進係
電話:65−0001


関連ページ
環境省熱中症予防情報サイト
厚生労働省熱中症関連情報 
スポーツ関係の新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインについて

関連ファイル
令和2年度の熱中症予防(pdfファイル):778KB)


PDFファイルを開くには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobeホームページからダウンロードしてください。