文字サイズを変更するには
トップページくらしの情報施設案内観光情報子育て・教育健康・介護・福祉町政情報
トップページ <  桂川町からのお知らせ < 福岡コロナ特別警報の発動について(7月23日更新)

桂川町からのお知らせお知らせ一覧に戻る

  福岡コロナ特別警報の発動について(7月23日更新)
発信者:桂川町健康福祉課健康推進係  










福岡県における新規陽性者数の7日移動平均は、7月16日に約4,748人となり、第6波のピークであった2月上旬を上回りました。7月21日の新規陽性者数は、過去最多の10,752人となりました。県内全域で感染が拡大しており、第7波のただ中にあると考えています。

 県では、これまでに6回の感染の波を経験する中で、県民の皆様の命と健康を守るための取組を積み重ねてきました。また、医療関係者の皆様のご協力の下、医療提供体制を段階的に充実・強化してきました。
引き続き、
・コロナ病床を増床
・陽性判明時のトリアージを徹底し、軽症・無症状の方は自宅療養、軽症者のうち重症化リスクが高い方は宿泊療養施設等、病床の効率的な運用
・入院治療の必要がなくなった軽症患者の早期退院や宿泊療養施設への入所を促進
・ 回復患者の後方支援病院への転院を促進
などにより、医療のひっ迫を何としても回避します。

 しかし、このまま感染の拡大が続けば、高齢者等を中心に入院者数、重症者数が増加することが懸念されます。また、医療従事者の陽性者・濃厚接触者の増加に伴い、救急・通常医療も含めて、医療への負荷が極めて大きくなる恐れがあります。

 県は、7月6日に福岡コロナ警報を発動し、県民・事業者の皆様へ感染防止対策の確認と徹底をお願いしてきました。しかし、現在の感染拡大状況を踏まえ、今後とも医療提供体制を確保していくため、専門家の意見や市町村との協議を踏まえて総合的に判断し、福岡コロナ特別警報を発動することとします。


※詳しくは、関連ページ、関連ファイルを参照ください。


関連ページ
福岡県新型コロナウイルス感染症ポータルページ

関連ファイル
福岡コロナ特別警報の発動について(pdfファイル):166KB)


PDFファイルを開くには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobeホームページからダウンロードしてください。