ホームへ 王塚古墳
ホーム
王塚古墳について
王塚古墳とは?
墳丘と石室
装飾と文様
古墳出土品
古墳発見物語
保存施設
施設案内
文化財関係事業・行事案内
文化財関係年間スケジュール
町の文化財
桂川町の文化財保護について
リンク
 
     
装飾と文様
     
  わが国で最多の色数  
     
   王塚古墳の壁画は、前室の両側壁以外、つまり室内のほぼ全面にわたって描かれています。技法上の特色として、赤・黄・緑・黒・白と、わが国では最多の色数を駆使している点があげられます。また、絵の具には主として粘土が使用されたと見られ、かなり厚く塗られています。  
     
  王塚古墳の文様  
     
  【騎馬像】

 黒馬と赤馬があり五頭描かれています。
 馬の体には面繋(おもがい)、手綱(たづな)・尻繋(しりがい)そして鞍(くら)の装着も見られるほか、手綱に飾金具が描かれるなど細かいところまで表現されています。
  騎馬像  
   
 
同心円文 【同心円文】

前室と灯明台に描かれていますが、「王塚古墳」では、約10センチ程度の小型のものです。
  三角文 【三角文】

もっとも多く描かれている文様です。特に石屋形の周辺には集中して描かれています。
 
   
 
双脚輪状文   【双脚輪状文】

意味は不明ですが、うちわに長い柄をつけて貴人にかざすさしばをかたどったものであるとの説もあります。
  わらび手文   【わらび手文】

一種のまじないの図文と考えれます。
 わらび手文をもつ古墳は「王塚古墳」ほか、合計7基のみしかありません。
 
     
 
靫 【靫(ゆぎ)】

矢を入れて背負うもので、上部には弓が描かれている。
太刀 【大刀】

太い鞘(さや)をもち、柄には手を護る帯がつく。
盾 【盾】

盾の形は上下に開き、下は水平で上は円頭形をしています。
 
     
  >>古墳出土品へ  
  ページのトップへ